ボディーガード社労士ブログ

クライアントを命がけでお守りする「ボディガード」の様な社会保険労務士を目指し、精神、脳、身体を日々鍛錬しています。

*

助成金を確実に貰う方法

   


 

昨日の背中の筋トレ時にピキッてなりました。

右の首から肩甲骨にかけて変な感じになっています。

重たい重量を扱う時には注意して下さいm(__)m

 

今日は生野区と東大阪で頑張ります!

「企業のボディーガード社労士」

油田圭介です( ̄^ ̄)ゞ

 

 

助成金センターでの出来事

 

いつも通り助成金申請のために大阪労働局助成金センターへ。

いつも通り担当者さんに支給申請書類を提出して

書類内容の確認をしてもらいます。

 

担当者さんに確認していただいた後に

一旦事務所内に申請書類を持って戻られます。

そこで会社さんやそこで働く従業員さんの

雇用保険加入状態等のデータをチェックされます。

いつも通りです。

 

「何でアカンの!」と大きな声。

いつも通りではありません。

 

大声の主は近くのブースに助成金の計画届を提出に来ていた

おそらく社長さんと部下。

どうやら計画届に不備があったようです。

 

なんせ大きな声なので聞きたくなくても聞こえてきます。

決して興味があって聞き耳を立てていたわけではございません。

 

社長と部下:「ちゃんと書類書いてるやんか!」

「助成金センターに電話して記入内容も確認したし!」

「何でアカンのん!」

 

助成金センター職員:

「提出する書類が違います」

「制度が変わった事をご存知ありませんか?」

 

社長と部下:「え?・・・」

 

そらアカンです(^^)

社長と部下は「分かり難いねん」と吐き捨て

帰って行きました。

 

助成金を活用しようとして

じっくり時間をかけている間に

制度や提出する書類の様式が変わっていたようです。

これ、よくあります。

 

スピードと情報収集

 

助成金を貰うために提出する書類は様式が決まっています。

提出書類は厚生労働省のホームページからダウンロードできます。

 

ちなみに私がよく申請する「特定求職者雇用開発助成金」の申請書は

ホームページからはダウンロードできません。

助成金センターから送られてきた書類に記入して提出します。

 

助成金のルールはチョコチョコ変わります。

そのため助成金活用時の必要書類や添付書類等も結構な頻度で改正されます。

 

極端な話ですが今日書いた助成金の書類を

明日持って行っても様式が変更されていてダメな場合があります。

今日書いた助成金の書類を明日持って行っても

その助成金自体がもう無くなっている場合もあります。

 

ですから助成金を活用しようとする場合は

スピードと情報収集が大切なんです。

じっくりと計画を立てて、いざ!助成金を活用しよう!!

そうしている間に助成金自体が無くなってしまっては元も子もありません。

 

 

助成金を確実に貰う方法

 

助成金を確実に貰う方法があります。

当たり前で、地味で地道な方法になります。

 

毎日、厚生労働省の助成金に関するホームページをチェックする。 

そして活用できそうな、活用したい助成金がある場合には、

直接助成金センターに足を運び担当者さんに質問する。

助成金の専門家に教えてもらうんです。

これに限ります。

 

助成金を確実に貰う方法はとてもシンプルです。

あっ!もちろん労働に関する法律を守っている事が大前提です(^^)

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr

 - 助成金, 社労士の日常 , , , , , ,