ボディーガード社労士ブログ

クライアントを命がけでお守りする「ボディガード」の様な社会保険労務士を目指し、精神、脳、身体を日々鍛錬しています。

*

どれだけ経験しても嬉しいもの♪

   


隠れ家でバルサンを炊きました。

4時間ほど経ったので

もう大丈夫だろうと部屋に入ったのですが

ムセが止まりませんでした(><)

そりゃ小さな虫はひとたまりもありませんね!

 

それ以来目が霞みます・・・

今日も東大阪で活動中!

「企業のボディーガード社労士」

油田圭介です( ̄^ ̄)ゞ

 

昨日嬉しいご連絡がありました♪

「油田さん!ありがとうございます!!

助成金が支給されました!!!」

鍼灸整骨院の院長先生からの第一声♪

 

社会保険労務士として開業して約2年半

申請した助成金の件数はおよそ100件。

いつまで経っても助成金の支給が決まったという連絡を貰えると、

嬉しさと安堵感でテンションがMAXになります(^^)

 

今回、助成金の支給が決まった鍼灸整骨院さんは

若者チャレンジ奨励金(若年者人材育成・定着支援奨励金)

という助成金を申請していました。

 

若ちゃれ

 

この若者チャレンジ奨励金(若年者人材育成・定着支援奨励金)

今はもうありません。私の中で伝説の助成金です。

あっという間に予算が尽きました(^^)

現在も活用できる「キャリアアップ助成金」の基となった助成金です。

 

今はもう無いのですが少し概要を書きます。

35歳未満の非正規雇用(正社員じゃない)の若者を、

自社の正社員として雇用することを前提に、

自社内での実習(OJT)と座学(OFF-JT)を組み合わせた訓練

(若者チャレンジ訓練)を実施する事業主に、

訓練奨励金として訓練受講者1人につき月額15万円が支給されます。

 

この助成金を活用していた事業主が訓練終了後、

訓練修了者を正社員として雇用した場合に、

正社員雇用奨励金として1人当たり1年経過時に50万円、

2年経過時に50万円(計100万円)を支給されます。

 

若者チャレンジ奨励金(若年者人材育成・定着支援奨励金)は

最大2年間活用出来ました。

という事は最大一人当たり

訓練奨励金として360万円(15万円×24カ月)

 

正社員に転換して2年経てば

正社員雇用奨励金として100万円

 

訓練奨励金と正社員雇用奨励金とを合わせて

総額460万円が支給されます!

4年間かかりますけど凄くないですか?

 

だからあっという間に予算が尽きて無くなりました。

特に大阪は早かった(^^)

 

以前もブログに書きましたが

当時開業して間が無かった私は自分のお客さんが居ませんでした。

先輩のお手伝いで残りの予算分をいただく為に

早朝から助成金センターに並んだのが懐かしいです(^^)

 

今回の鍼灸整骨院さんに関しては

並んだけど正規では受け付けてもらえず

キャンセル待ちの状態から始まりました。

運よくキャンセルが出たのでラッキーでした♪

 

そこから1年間この助成金を活用されました。

そして正社員になった柔道整復師さんは

今も頑張って働いてはります(^^)

 

院長先生いわく

「ありがたい事に開業して間もなくして

一人で運営するのがしんどくなってきました。

従業員さんを雇うか雇わないかで悩んでいたんです。

ちょうどその時にこの助成金を知ったんです。

雇用しよう!決めました」

 

この助成金をきっかけに

従業員さんを雇用されたんですね(^^)

アリだと思います。

 

どこの企業でも新人さんが入ってきたら

多少なりとも新人さん教育ってしますよね?

それで助成金が貰えるなら良いですよね(^^)

 

そのかわり!教育内容もですし労務管理の面でも

国の基準や法をクリアしなければなりません。

難しそうですか?

大丈夫です!私がサポートするので!(大きく出てみました)

 

とはいっても若者チャレンジ奨励金、

先程も触れましたがもうありません。

ただし同じように人材育成に活用できる助成金は

まだ残っています。

ただし!いつ予算が尽きるのかは分かりません・・・。

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr

 - 助成金, 好きなもの, 社労士の日常 , , , ,