ボディーガード社労士ブログ

クライアントを命がけでお守りする「ボディガード」の様な社会保険労務士を目指し、精神、脳、身体を日々鍛錬しています。

*

会社を設立して従業員を雇う時に必要な事①-求人、労災・雇用保険への加入ー

   


 

台風が過ぎ去った瞬間から

蝉の鳴く声が凄いです。。。

まだまだ暑い日が続きそうですね!

熱中症等には十分お気を付け下さいm(__)m

 

お早うございます!

東大阪のボディーガード社労士」こと油田圭介です。

今日も東大阪で元気に活動中です!

 

先日、東大阪の集いで御一緒させていただいた方から

「会社を作りました。従業員さんを雇いたいのですが・・・」と

ご相談を受けました。

 

「従業員を雇う時に助成金が活用できる!」と

教えていただいたそうです。

自分で調べてもよく分からないし・・・との事で

お声を掛けて下さいましたm(__)m

 

お話を伺っていると

会社の設立はされていますが

その他の求人方法、労災保険や雇用保険への加入方法等も

チンプンカンプンだ!との事でした。

 

まずは求人です。

求人は色々な方法がありますよね(^^)

知人の紹介、雑誌への掲載、ハローワークに依頼する等々。

そんな中ハローワークに求人を依頼する場合には

3枚の求人書類と登記簿謄本等の添付書類が必要になります。

 

労働保険新規適用

*求人、労災、雇用保険へ加入する際には沢山の書類が必要です

 

 

基本的に助成金(厚生労働省のもの)の財源は「雇用保険」です。

なので雇用保険に加入していないと助成金は受けられません。

 

雇用保険に加入するためには

まず労災保険に加入しなければなりません!

 

従業員を一人でも雇入れると

その方がアルバイトであれ正社員であれ

労災保険の加入義務が発生します!

 

労災保険への加入は2種類の書類と

登記簿謄本等の添付書類を持って

労働基準監督署に行き手続きをします。

 

その後に雇用保険への加入です。

労災保険加入時の手続きに使った書類に印鑑を押してもらい

その書類を持ってハローワークへ行きます。

 

他には会社が雇用保険に加入するための書類、

従業員さんが雇用保険の資格を取るための書類、

そして沢山の添付書類。

登記簿謄本、賃貸借契約書、公共料金の領収書、

取引先との請求書や領収書等々。

 

とにかく会社を設立して(個人開業でも)

従業員さんをお雇いになる際には

必要な手続きが多いんですね(^^)

 

手続きを怠らずキチンとする事で

助成金という返さなくて良いお金を頂けるんですね(^^)

 

今回お声を掛けて下さった方は

face bookがきっかけの繋がりです。

SNSって凄いなぁ!

関係性って大切だなぁ!!

改めて思い知りました(^^)

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr

 - 助成金, 社労士の日常 , , , , , , , , ,