ボディーガード社労士ブログ

クライアントを命がけでお守りする「ボディガード」の様な社会保険労務士を目指し、精神、脳、身体を日々鍛錬しています。

*

忘れてませんか?雇用保険への加入

   


お世話になっている

社会保険労務士法人アシストの皆様より

「合同会社 ユダマッスル」設立のお祝いに

ハムの盛り合わせを頂きました!

 

 ハム 嬉しい

 

お気持ちも当然ですが

この時期に「お肉=タンパク質」をチョイスしていただく!

メチャメチャ嬉しいです♪

 

SNS等でお肉好き!筋肉好き!を

発信していて良かった(^^)

えっ?発信しなくても

「お肉好き」は見た目で予想できますか?(^^)

 

「東大阪のボディーガード社労士」

油田圭介です( ̄^ ̄)ゞ

 

 

 トラブル発生

 

今日は朝からトラブル発生です。

「雇用保険に加入していた従業員さんの

加入する時期を間違えていた」との事。

 

「何じゃそら?そんな事ある?」とお思いでしょうか(^^)

たまにあるんです。こんな間違い。

今までも性別や、名前そのもののミスも見たことがあります。

 

本来入社した日から

雇用保険に加入するべき従業員さんが

会社側のミスで次の月から加入していたとか。

 

一般的に経営も事務関係も

一人で何でもしてしまう。

というより出来てしまう

スーパー社長さんがいる

会社に起こりやすいです。

 

その他は引継ぎがちゃんと出来ていない

・・・な会社さんに多いです(^^)

 

今回はまさしく前者のパターン!

1人で何でも出来るスーパー社長さん。

ついついウッカリされていたそうです。

 

雇用保険の仕組み

 

雇用保険は1年度分の大よその保険料を

一旦まとめて支払います。

そして次年度にもう一度キッチリ計算をやり直して

確定した保険料と帳尻合わせをします。

 

なんで最初からキッチリした保険料を

納めないのかと言うと、

雇用保険料の計算の方法がそうだからです(^^)

 

雇用保険料金は

1年度に支払うであろう

従業員さんの給料の総額に

雇用保険料率をかけて算出します。

あくまで大よその額を出すんです。

 

そして雇用保険は

会社と従業員さんがある割合で負担し合います。

会社が一旦まとめて

従業員さんの分の雇用保険料も負担するんです(^^)

 

従業員さんは毎月の給料から

雇用保険料が差し引かれます。

まとめ払いしてくれた会社に

返しているという感じです。

 

なので雇用保険に

ちゃんと加入している従業員さんは

毎月の給与明細から

雇用保険料を控除されているはずです。

 

もし雇用保険に入ってないのに

毎月の給料から引かれていたら

直ぐに会社に教えてあげて下さいね(^^)

雇用保険のルールを知らない方が

毎月の給与計算をしている場合、

たまーに間違えてはります(怖)

 

反対に雇用保険に加入しているはずなのに

毎月の給料から雇用保険料が惹かれていない場合、

これも会社側が間違えているか、

従業員さん分の雇用保険料金を

会社が負担してくれているかのどちらかです。

たいがい間違えています(^^)

 

その時になって気が付く

 

こんな雇用保険のミスですが、

たいてい従業員さんが会社を辞めて、

いわゆる「離職票」を求めてこられた時に発覚します。

 

仮にミスをしていた場合は

さかのぼっての加入は可能です

(さかのぼれる期間は原則2年間です)

 

しかし!会社側のミスで悪気が無くても、

何回も続くようだと国から「こらっ!」

と怒られますから注意して下さい!

 

そしてそして雇用保険に

さかのぼって加入する場合に面倒なのが

出勤簿や賃金台帳を

一緒に持って行かなければ駄目なんです。

従業員さんが入職されてから現在までの分を。

 

皆さんの会社は出勤簿や賃金台帳

(給与明細でも可)をちゃんと保管していますか?

国は言ってます

「従業員さんが居る期間はモチロン!

辞めてからも3年間は保管しときなさいよ!」

 

出勤簿に関しては

従業員さんの最後の出勤日から3年間。

賃金台帳は最後の賃金を記入してから

3年間の保存義務があります。

*国から助成金を受けている場合は

5年間は保存しておきなさい!

と言う別ルールがある場合があります。

 

労使双方嬉しくない

 

雇用保険加入のミスがあっても

従業員さんは「離職票」が早く欲しい!

会社側はその時に気付く。

きっとすぐには対応できない。

お互いにとって良くない事ですよね。

 

会社の管轄のハローワークに行くと

事前に従業員さんの

雇用保険加入履歴を調べる事ができます。

「あれ?ちゃんとしてたかな?」

心当たりのある社長さんは

その時になって慌てふためく前に

是非1度確認してみて下さい(^^)

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr

 - 労働保険, 労働基準法関係, 社労士の日常 , , , , , , ,