ボディーガード社労士ブログ

クライアントを命がけでお守りする「ボディガード」の様な社会保険労務士を目指し、精神、脳、身体を日々鍛錬しています。

*

求人のお悩みと私の課題

   


今日は午前中に地元東大阪の市役所へ。

東大阪の地域活性化を実現しようとしている団体が

活用できる助成金の個別説明会に参加しました。

 

想像していたよりも多くの方々が参加されていてビックリ!

 

東大阪!良いね!!

「東大阪のボディーガード社労士」

油田圭介です( ̄^ ̄)ゞ

 

 

午前中の東大阪市役所での助成金個別相談会の後、

あべのハルカスへ。

 

_はるかす

 

当たり前ですがデカいですね(^^)そして人が多い!

大学生の頃よく天王寺に寄ったのですが、

そのころと比べると商業施設も増えたし

お洒落な感じになっていますね(^^)驚きました。

 

お悩み事

 

今日は大尊敬する中小企業診断士の高木先生と、

先生にご紹介された社長さんと

雇用関係の助成金の打ち合わせ。

一人では到底入れそうにないお洒落なカフェに(^^)

 

はるかす カフェ

 

社長さんから会社の状況と今後の展望をお聴きしながら、

助成金が活用できるか診断させていただきました。

今後、人材育成関係の助成金を活用する方向でお話が進みました♪

 

その席で社長さんからのお悩み事をお聴きしました。

「求人を出してもなかなか思っているような良い人が集まらない」

「特にハローワークから来る人は・・・」

応募はあるそうなのですが、希望するような方が来ないとの事です。

 

社長からお聴きしたこのお悩み事。

他の会社さんでも同じよう事でお悩みだと感じています。

昨日のブログに介護業界の人手不足。

求人誌やハローワークで募集しても

なかなか応募が無い事に少し触れました。

それとは少し違うタイプの「求人に関するお悩み事」

 

私の既存のお客さんからも

「求人を出せば募集はあるけど、なかなか思うような方が来ない」

「面接だけして終わるパターンが続く」とお聴きする事があります。

 

そんな社長さんに向かって

ご一緒させていただいていた高木先生から

「求人を出す際に勤務時間や給料、

休み等の条件だけを書くんじゃなくて、

どんな人に来て欲しいのか?

会社はどんな方向性で動いているのか等

もっと具体的に言葉にして一緒に載せたら?」

とアドバイスがありました。

 

ハッ!としました。

当たり前の事かもしれませんが、

なかなか出来ていない現状を思い返しました。

 

求人票

 

特にハローワークで求人を出す場合には所定の用紙を使います。

そこには主に決まりきった条件の欄がビッシリです。

会社のアピール欄はあるのですが小さいですし

「ハローワーク=国の機関」のため

当たり障りのない事しか書いていないように思えます。

 

もちろん!「サービス残業有!」とか

「残業代は払わない!」等の法に反する事は書けません(^^)

しかし、こんな人材が欲しい!であったり、

うちの会社はこんな思いで運営している!

等はどんどんアピールしても良いのではと思います。

 

その際には是非ともハローワークに直接足を運び、

求人窓口の担当者さんとジックリお話をしながら

求人票を作り上げるのが良いのではと思います。

 

労働基準法等はヤヤコシイです。法改正が多いです。

しかもキリの良い時期(例えば1月1日や4月1日)に

変わるわけではありません。

何時の間にか変わっていたりします。

そして「ハローワーク=国の機関」故に

法に反するものは取り扱ってもらえません。

 

だからこそ社長が直接ハローワークに赴き、

ジックリシッカリと求人窓口の担当者さんと話し合いながら

求人票を作り上げる事が結果的に

時間や労力の節約になるのでは?と感じます。

 

私の今後の課題

また会社の人事労務管理や

雇用に関する手続きの代行をお任せしていただいている

社会保険労務士の私は、

その前段階である「求人・採用」に

お客さんである社長さんがお悩みの際には

今回の件を踏まえ、

お役にたてるようにシッカリとアドバイス出来るようになる事が

今後の課題だと思い知りました。

 

高木先生!ありがとうございます!!

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr

 - 助成金, 社労士の日常 , , , , , ,